Top > Search Research paper > (In Japanese)新規"有機ゼオライト"触媒の開発

(In Japanese)新規"有機ゼオライト"触媒の開発

Research report code R030000025
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)青山 安宏
Affiliation
  • (In Japanese)九州大学有機化学基礎研究センター
Research organization
  • (In Japanese)九州大学
Report name (In Japanese)新規"有機ゼオライト"触媒の開発
Technology summary (In Japanese)回収・再利用可能な高活性の多孔質固体触媒を水中で用いることは究極の触媒反応であろうと考えられる。ランタンをネットワ-ク化した金属・有機ゼオライトは水で分解することなく、基質のミカエリス・メンテン型の取り込みと酸・塩基の共同作用に基づく二官能的活性化能を持ち、まさに酵素様の触媒作用を示した。これにより、アルド-ル縮合やマイケル付加などの基本的な炭素-炭素結合生成反応を固体触媒を用いて水中で効率よく触媒的に進行させることが可能となった。この成果は、廃棄物を出さない物質変換プロセスの開発に光明を投げかけるものである。
Research field
  • Preparation of catalysts
  • Catalytic process
  • Adsorbents
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)青山 安宏. 単一分子・原子レベルの反応制御 新規“有機ゼオライト”触媒の開発. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.389 - 402.

PAGE TOP