Top > Search Research paper > (In Japanese)高次構造を有する有機分子の極微細触媒構造を機軸とする立体選択的構築

(In Japanese)高次構造を有する有機分子の極微細触媒構造を機軸とする立体選択的構築

Research report code R030000029
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)福山 透
Affiliation
  • (In Japanese)東京大学大学院薬学系研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京大学
Report name (In Japanese)高次構造を有する有機分子の極微細触媒構造を機軸とする立体選択的構築
Technology summary (In Japanese)新規インド-ル合成法、および二級アミンの合成法を基盤とした効率的な合成経路により、(±)-vincadifformine、(-)-tabersonine、(±)-catharanthine、(-)-vinblastine、等のインド-ルアカロイド、および(+)-lipogrammistine-A、HO-416b、agel-489、philanthotoxin-343等のポリアミントキシンの全合成を達成することができた。また、(-)-gelsemine、(-)-CP-263,114、(+)-K252a、(-)-FR-900482等、複雑な構造を有し医薬的に重要な天然物の全合成を達成することができた。
Research field
  • Stereochemistry of organic reaction
  • Production in general
  • Catalytic process
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)福山 透. 単一分子・原子レベルの反応制御 高次構造を有する有機分子の極微細触媒構造を機軸とする立体選択的構築. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.469 - 488.

PAGE TOP