Top > Search Research paper > (In Japanese)脳内光受容とサーカディアンリズム

(In Japanese)脳内光受容とサーカディアンリズム

Research report code R030000044
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)深田 吉孝
Affiliation
  • (In Japanese)東京大学大学院理学系研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京大学
Report name (In Japanese)脳内光受容とサーカディアンリズム
Technology summary (In Japanese)ピノプシン・VALオプシン・エクソロドプシンなど新規脳内光受容体の機能解析を通して光周性発現や概日時計の光位相同調の分子機構に迫った。さらに、光感受性の時計組織であるニワトリ・ゼブラフィッシュ松果体での時計解析系を構築し、その中でMAPキナーゼが概日時計の発振と光同調に極めて重要な役割を果たすことを発見した。また、新規bHLH-PAS型転写因子BMAL2をヒトやニワトリ等で見出し、ニワトリ松果体において時計因子として働くことを示した。
Research field
  • Animal physiology in general
  • Central nervous system
  • Visual sense
  • Basic neurology
  • Basic ophthalmology
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Understanding the Brain
Information research report
  • (In Japanese)深田 吉孝. 脳を知る 脳内光受容とサーカディアンリズム. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.749 - 770.

PAGE TOP