Top > Search Research paper > (In Japanese)自立都市をめざした都市代謝システムの開発

(In Japanese)自立都市をめざした都市代謝システムの開発

Research report code R030000048
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)柏木 孝夫
Affiliation
  • (In Japanese)東京農工大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京農工大学
Report name (In Japanese)自立都市をめざした都市代謝システムの開発
Technology summary (In Japanese)本研究では環境低負荷型の都市システムの形成に資する要素技術開発および都市シミュレータの開発を行った。都市シミュレータはGISデータに基づきエネルギー、廃棄物、水供給処理、雨水流出、交通計画、大気拡散、熱環境、公園アクセス、緑地連続性、都市インフラLCAのサブモデルから構成されている。各種の政策に対しCO2、NOx等の環境負荷を計算でき、くり返し政策を修正することにより環境低負荷に向けた都市計画を支援できる。
Research field
  • Energy consumption and energy saving
  • Urban planning in general, urban economics
  • Urban problems, urban disaster prevention
  • Environmental problems
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Social Systems for Better Environment Performance
Information research report
  • (In Japanese)柏木 孝夫. 環境低負荷型の社会システム 自立都市をめざした都市代謝システムの開発. 戦略的基礎研究推進事業 平成7年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.805 - 818.

PAGE TOP