Top > Search Research paper > (In Japanese)安定同位体利用NMR法の高度化と構造生物学への応用

(In Japanese)安定同位体利用NMR法の高度化と構造生物学への応用

Research report code R030000058
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)甲斐荘 正恒
Affiliation
  • (In Japanese)東京都立大学大学院理学研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京都立大学
Report name (In Japanese)安定同位体利用NMR法の高度化と構造生物学への応用
Technology summary (In Japanese)本研究の結果、生体高分子のNMR解析技術は大きく進歩し、例えば核酸塩基間の水素結合の直接観測など、様々な新しい手法の開発を通じて構造生物学の発展に多大な寄与を果すことができました。蛋白質構造解析の高精度化・迅速化をめざした究極的標識技術の開発に関しては、我々の基本構想の正当性が証明されるとともに、次世代の革新的基盤NMR技術として、構造・機能ゲノム科学の発展に大きな役割を果すことが期待されます。
Research field
  • NMR of organic compounds
  • Molecular structure
  • Nucleic acids in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Genetic Programming
Information research report
  • (In Japanese)甲斐荘 正恒. 生命活動のプログラム 安定同位体利用NMR法の高度化と構造生物学への応用. 戦略的基礎研究推進事業 平成8年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.55 - 71.

PAGE TOP