Top > Search Research paper > (In Japanese)微細構造におけるスピン量子物性の開拓

(In Japanese)微細構造におけるスピン量子物性の開拓

Research report code R030000069
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)家 泰弘
Affiliation
  • (In Japanese)東京大学物性研究所
Research organization
  • (In Japanese)東京大学
Report name (In Japanese)微細構造におけるスピン量子物性の開拓
Technology summary (In Japanese)量子ドットを埋め込んだアハラノフ・ボーム(AB)リングにおいてファノ干渉効果を観測した。周期変調を付加した2次元電子系における量子輸送を調べ、電子電子散乱効果、量子ホールスピンギャップの抑制効果、複合フェルミオンのスピン偏極、高次ランダウ準位におけるストライプ相の安定化など、を明らかにした。III-V族希薄磁性半導体の低温熱処理効果を発見し、それを利用してこの系における磁場誘起金属非金属転移の詳細な研究を行った。窒素吸着銅表面に自己形成されるナノ構造を利用して磁性ドット規則配列を作製し、その磁性を明らかにした。
Drawing

※Click image to enlarge.

R030000069_01SUM.gif
Research field
  • Electron and ion microscopes
  • Properties of superconductors in general
  • Manufacturing technology of solid‐state devices
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Quantum Effects and Related Physical Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)家 泰弘. 量子効果等の物理現象 微細構造におけるスピン量子物性の開拓. 戦略的基礎研究推進事業 平成8年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.201 - 213.

PAGE TOP