Top > Search Research paper > (In Japanese)合金クラスター集合体の極限構造・磁場制御

(In Japanese)合金クラスター集合体の極限構造・磁場制御

Research report code R030000085
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)隅山 兼治
Affiliation
  • (In Japanese)名古屋工業大学工学部
Research organization
  • (In Japanese)名古屋工業大学
Report name (In Japanese)合金クラスター集合体の極限構造・磁場制御
Technology summary (In Japanese)サイズ1-5nmの高機能クラスターを集合させる新しい物質合成をめざした。気相・溶液法で効率よくサイズの揃ったクラスターが作製できるようになった。また、クラスターの安定性、クラスター集合体の磁気・電気伝導・光学特性の明瞭なサイズ依存性や温度変化が観測され、物質科学的基礎が確立した。特に、II-VI族半導体クラスター集合体は、エネルギー・環境上重要な光触媒化学反応(高効率水素発生)を示し、実用的に有望である。
Research field
  • Fluctuation phenomena, random process, Brownian motion, and transport process
  • Atomic and molecular clusters
  • Magnetic domain and magnetization process in general
  • Computer simulation
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Phenomena of Extreme Conditions
Information research report
  • (In Japanese)隅山 兼治. 極限環境状態における現象 合金クラスター集合体の極限構造・磁場制御. 戦略的基礎研究推進事業 平成8年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.459 - 490.

PAGE TOP