Top > Search Research paper > (In Japanese)神経ネットワーク形成の遺伝子プログラム

(In Japanese)神経ネットワーク形成の遺伝子プログラム

Research report code R030000090
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)野田 昌晴
Affiliation
  • (In Japanese)岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所
Research organization
  • (In Japanese)岡崎国立共同研究機構
Report name (In Japanese)神経ネットワーク形成の遺伝子プログラム
Technology summary (In Japanese)発生過程における脳・神経系における領域特異化は、引き続いて起こる領域特異的神経投射(topographic projection)の基盤である。我々は網膜において領域特異化に関わる分子を大規模にスクリーニングし、topographicな発現を示す分子を前後軸方向に33分子、背腹軸方向に20分子同定した。これらの分子は分泌因子、転写調節因子、受容体分子、酵素、細胞内シグナル伝達分子、細胞骨格関連分子等に分類された。我々は、いくつかの新規分子についてその機能を解明するとともに、関係する分子間の相互関係を明らかにした:レチノイン酸合成酵素、新規のBMP-4中和因子、転写調節因子等。
Research field
  • Enzyme in general
  • Molecular genetics in general
  • Central nervous system
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Understanding the Brain
Information research report
  • (In Japanese)野田 昌晴. 脳を知る 神経ネットワーク形成の遺伝子プログラム. 戦略的基礎研究推進事業 平成8年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.541 - 550.

PAGE TOP