Top > Search Research paper > (In Japanese)地球環境保全のための国際的枠組みのあり方

(In Japanese)地球環境保全のための国際的枠組みのあり方

Research report code R030000094
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)佐和 隆光
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学経済研究所
Research organization
  • (In Japanese)京都大学
Report name (In Japanese)地球環境保全のための国際的枠組みのあり方
Technology summary (In Japanese)1997年12月の京都会議(COP3)において採択された京都議定書は、2001年11月のマラカシュ会議(COP7)を経て、2002年発効の目処が立った。この間、本研究プロジェクトは、京都議定書に定められた削減義務を達成するために有効な国際制度である京都メカニズム(排出権取引、共同実施、クリーン開発メカニズム等)の制度設計と運用ルールの提案、及び費用対効果に優れた技術開発戦略の提案を行なってきた。
Research field
  • Policy, system and organizations for science and technology
  • Policy, system and organizations for science and technology
  • Environmental problems
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Social Systems for Better Environment Performance
Information research report
  • (In Japanese)佐和 隆光. 環境低負荷型の社会システム 地球環境保全のための国際的枠組みのあり方. 戦略的基礎研究推進事業 平成8年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.585 - 603.

PAGE TOP