Top > Search Research paper > (In Japanese)新世代型低負荷環境保全技術による廃棄物のエネルギー化・再資源化

(In Japanese)新世代型低負荷環境保全技術による廃棄物のエネルギー化・再資源化

Research report code R030000095
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)野池 達也
Affiliation
  • (In Japanese)東北大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)東北大学
Report name (In Japanese)新世代型低負荷環境保全技術による廃棄物のエネルギー化・再資源化
Technology summary (In Japanese)有機性廃棄物から水素ガスを回収する二相式水素発酵プロセスの構築に関する研究を行った結果、有機性廃棄物からの嫌気性細菌による水素発酵及びその代謝産物からの混合光合成細菌による水素生成が可能であった。また、有機性廃棄物に生息する乳酸菌による水素発酵阻害、その対応策としての低温熱処理の有効性、青色光の照射による光合成細菌による水素生成の促進、水素発酵残さの高温コンポストにおいて物質分解を促進する分解酵素および重金属除去機能を有する細菌の遺伝子工学的手法による開発などの成果が得られた。
Drawing

※Click image to enlarge.

R030000095_01SUM.gif R030000095_02SUM.gif
Research field
  • Energy resources and development
  • Biomars fuels and refuse derived fuels
  • Environmental problems
  • Refuse treatment
  • Recycling of resources
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Social Systems for Better Environment Performance
Information research report
  • (In Japanese)野池 達也. 環境低負荷型の社会システム 新世代型低負荷環境保全技術による廃棄物のエネルギー化・再資源化. 戦略的基礎研究推進事業 平成8年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2002. p.605 - 619.

PAGE TOP