Top > Search Research paper > (In Japanese)構造生物学に基づくシグナル伝達系の解明とその制御

(In Japanese)構造生物学に基づくシグナル伝達系の解明とその制御

Research report code R030000101
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)稲垣 冬彦
Affiliation
  • (In Japanese)北海道大学大学院薬学研究科
Research organization
  • (In Japanese)北海道大学
Report name (In Japanese)構造生物学に基づくシグナル伝達系の解明とその制御
Technology summary (In Japanese)シグナル伝達蛋白質は多くの機能ドメインより構成され、これらの機能ドメインの相互作用を介してシグナルは伝達されます。研究では、機能ドメインの立体構造、および標的蛋白質(機能ドメイン)との複合体の立体構造を解明するとともに、できるだけインタクトに近い構造フレームに基づいて分子内、分子間でのシグナル伝達の制御機構を明らかにします。これらの知見に基づき、機能ドメインの削除、交換、挿入を行い、人為的にシグナル伝達を制御する方法を開発し、各種疾病原因解明などへの道を拓きます。
Research field
  • Molecular structure
  • Biological function
  • Cell physiology in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Genetic Programming
Information research report
  • (In Japanese)稲垣 冬彦. 生命活動のプログラム 構造生物学に基づくシグナル伝達系の解明とその制御. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.11 - 24.

PAGE TOP