Top > Search Research paper > (In Japanese)量子固体と非線形光学 :新しい光学過程の開拓

(In Japanese)量子固体と非線形光学 :新しい光学過程の開拓

Research report code R030000117
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)白田 耕藏
Affiliation
  • (In Japanese)電気通信大学電気通信学部
Research organization
  • (In Japanese)電気通信大学
Report name (In Japanese)量子固体と非線形光学 :新しい光学過程の開拓
Technology summary (In Japanese)量子固体として知られる固体水素は、その光学遷移のスペクトル幅が極めて狭く孤立原子のそれと匹敵し、いわば「孤立分子(原子)の量子性と固体の高密度性をあわせ持つ」系となることが知られています。研究では、この固体水素を非線形光学・量子光学の視点からとらえ、原子系で発展してきた光学過程と凝縮系で発展してきた光学過程の双方を融合する従来の枠組みを越えた新しい光学過程を開拓します。その結果、光エレクトロニクスなどへの活用が期待されます。
Research field
  • Nonlinear optics
  • Electronic properties in general
  • Spectroanalysis
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Quantum Effects and Related Physical Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)白田 耕藏. 量子効果等の物理現象 量子固体と非線形光学 :新しい光学過程の開拓. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.245 - 257.

PAGE TOP