Top > Search Research paper > (In Japanese)サイクル時間域光波制御と単一原子分子現象への応用

(In Japanese)サイクル時間域光波制御と単一原子分子現象への応用

Research report code R030000118
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)山下 幹雄
Affiliation
  • (In Japanese)北海道大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)北海道大学
Report name (In Japanese)サイクル時間域光波制御と単一原子分子現象への応用
Technology summary (In Japanese)独自な手法で新しい極限光波機能(~550THz超広帯域準線形チャープパルス:モノサイクル化:独立に整形可能同期異波長フェムト秒マルチビーム)を開拓します。さらに整形フェムト秒光波を用いたダイナミックSTM装置を試作し、整形光波による単一原子分子の超高速量子過程の解明制御を行います。これにより時空間極限域の量子現象を対象とする新分野の構築をめざします。その結果、新しい量子工学への道が拓けることが期待されます。
Research field
  • Semiconductor lasers
  • Nonlinear optics
  • Optical instruments and techniques in general
  • Atoms and molecules in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Quantum Effects and Related Physical Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)山下 幹雄. 量子効果等の物理現象 サイクル時間域光波制御と単一原子分子現象への応用. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.259 - 277.

PAGE TOP