Top > Search Research paper > (In Japanese)超天然物の反応制御と分子設計

(In Japanese)超天然物の反応制御と分子設計

Research report code R030000122
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)平間 正博
Affiliation
  • (In Japanese)東北大学大学院理学研究科
Research organization
  • (In Japanese)東北大学
Report name (In Japanese)超天然物の反応制御と分子設計
Technology summary (In Japanese)ビラジカルを発生してDNAを切断する低分子とそれを安定化して運ぶ蛋白質複合型抗癌抗生物質や、イオンチャンネル蛋白質に結合して猛烈な神経毒性を発揮する天然物の蛋白複合体の立体構造と機能発現原理を明らかにします。更に、天然物の機能を超えるラジカル発生分子や蛋白複合体を化学合成する新しい方法論を開拓して、機能性材料や医療応用への可能性を探ります。
Research field
  • Organic reactions in general
  • Natural organic compounds in general
  • Natural substances of biological origin
  • Molecular structure
  • Basic research of antitumor (=antineoplastic) antibiotics
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Single Molecule and Atom Level Reactions
Information research report
  • (In Japanese)平間 正博. 単一分子・原子レベルの反応制御 超天然物の反応制御と分子設計. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.323 - 335.

PAGE TOP