Top > Search Research paper > (In Japanese)新しい量子自由度・軌道の動的構造の解明

(In Japanese)新しい量子自由度・軌道の動的構造の解明

Research report code R030000128
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)遠藤 康夫
Affiliation
  • (In Japanese)東北大学金属材料研究所
Research organization
  • (In Japanese)東北大学
Report name (In Japanese)新しい量子自由度・軌道の動的構造の解明
Technology summary (In Japanese)相転移によって電気、磁気、構造の性質が大きく変化する磁性(3d、4d,4f,5f金属)酸化物の物性の解明は、知的マイクロデバイス材料の開発に大きく貢献すると考えられます。それらの相転移の発現因子である電子・スピン・格子を制御するためには、新しい量子自由度として電子「軌道」を考える必要があります。本研究では、結晶中の軌道自由度の決定のための新しい実験法を確立し、軌道による物性制御の原理を発見することをめざします。これらの知見は、新材料として注目されている希土類材料の探索などに役立つと期待されます。
Research field
  • Quantum theory in general
  • Solutions of wave equations and scattering theory
  • Lattice defects in other inorganic compounds
  • Properties of metallic superconductors
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Phenomena of Extreme Conditions
Information research report
  • (In Japanese)遠藤 康夫. 極限環境状態における現象 新しい量子自由度・軌道の動的構造の解明. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.397 - 415.

PAGE TOP