Top > Search Research paper > (In Japanese)超過冷却状態の実現と新機能材料創製

(In Japanese)超過冷却状態の実現と新機能材料創製

Research report code R030000129
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)戸叶 一正
Affiliation
  • (In Japanese)物質・材料研究機構超伝導センター
Research organization
  • (In Japanese)物質・材料研究機構
Report name (In Japanese)超過冷却状態の実現と新機能材料創製
Technology summary (In Japanese)本研究の目的は、材料を溶融凝固させる際に従来に無い大きな過冷却状態を実現させ、この状態から非平衡状態で存在する新たな物質や材料を創製することにあります。そのため、微小重力の力を借りた無接触浮遊溶解炉や超高真空落下管を開発し、元素単体では従来不可能であった融点の1/3以上の超過冷却状態の達成をめざすとともに、超伝導、磁性、光学などの分野でこれまでにない機能をもった新規材料の創製をめざします。
Research field
  • Techniques and equipment of crystal growth
  • Superconducting materials
  • Phase equilibrium, phase diagram of multicomponent systems in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Phenomena of Extreme Conditions
Information research report
  • (In Japanese)戸叶 一正. 極限環境状態における現象 超過冷却状態の実現と新機能材料創製. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.417 - 429.

PAGE TOP