Top > Search Research paper > (In Japanese)脳膜神経相関の分子機構

(In Japanese)脳膜神経相関の分子機構

Research report code R030000133
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)裏出 良博
Affiliation
  • (In Japanese)(財)大阪バイオサイエンス研究所第2研究部
Research organization
  • (In Japanese)(財)大阪バイオサイエンス研究所
Report name (In Japanese)脳膜神経相関の分子機構
Technology summary (In Japanese)脳膜と中枢神経系は脳脊髄液を介して密接な情報交換を行い、相互の機能維持に積極的に関わっています。本研究では脳膜由来の新規神経調節因子・分化促進因子・神経死誘導因子とその受容体を同定し、その作用機構を分子レベルで解明します。その成果は、脳膜による中枢神経系の恒常性維持機構を明らかにし、その機能不全による疾患の予防と治療につながります。
Research field
  • Biological function
  • Enzyme in general
  • Enzyme physiology
  • Central nervous system
  • Clinical neurology in general
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Understanding the Brain
Information research report
  • (In Japanese)裏出 良博. 脳を知る 脳膜神経相関の分子機構. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.485 - 500.

PAGE TOP