Top > Search Research paper > (In Japanese)シナプス可塑性の分子機構と脳の制御機能

(In Japanese)シナプス可塑性の分子機構と脳の制御機能

Research report code R030000134
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)小澤 瀞司
Affiliation
  • (In Japanese)群馬大学医学部
Research organization
  • (In Japanese)群馬大学
Report name (In Japanese)シナプス可塑性の分子機構と脳の制御機能
Technology summary (In Japanese)可塑性変化を中心とするシナプスの機能発現の分子機構とシナプス機能が神経回路網での情報処理および個体の行動制御に果たす役割を解明します。実験では、神経回路網の解析が十分に進んでいる海馬と小脳のシナプスを対象として、ウイルスベクターを用いた伝達物質受容体遺伝子の導入法、標的遺伝子破壊法などの遺伝子工学技術により、シナプス機能に外来性に変動を加えて、それが神経回路網での情報処理と個体レベルでの脳の制御機能に与える影響を解析します。
Research field
  • Receptors on cell membrane
  • Central nervous system
  • Chemistry, biochemistry and pathology of tumors (=neoplasms)
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Understanding the Brain
Information research report
  • (In Japanese)小澤 瀞司. 脳を知る シナプス可塑性の分子機構と脳の制御機能. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.501 - 510.

PAGE TOP