Top > Search Research paper > (In Japanese)低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発

(In Japanese)低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発

Research report code R030000140
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)香山 晃
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学エネルギー理工学研究所
Research organization
  • (In Japanese)京都大学
Report name (In Japanese)低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発
Technology summary (In Japanese)一次エネルギーの熱変換技術を基本とする環境低負荷型発電システムを成立させるには、耐熱性やその他の厳しい環境に対する耐性に優れた高性能なエネルギー材料が必要です。本研究では、SiC/SiCやW/W複合材料などの開発基礎研究を通して高性能エネルギー材料(低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料)創製及びこれらの材料を用いるシステム要素の製作・特性評価について開発戦略の基礎の確立をめざします。
Drawing

※Click image to enlarge.

R030000140_01SUM.gif
Research field
  • Ceramic material testing
  • Gas turbines
  • Textile materials in general
  • Application development
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Social Systems for Better Environment Performance
Information research report
  • (In Japanese)香山 晃. 環境低負荷型の社会システム 低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.567 - 596.

PAGE TOP