Top > Search Research paper > (In Japanese)セラピューティック煉瓦造住宅の住環境効果

(In Japanese)セラピューティック煉瓦造住宅の住環境効果

Research report code R030000142
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)松藤 泰典
Affiliation
  • (In Japanese)九州大学大学院人間環境学研究院
Research organization
  • (In Japanese)九州大学
Report name (In Japanese)セラピューティック煉瓦造住宅の住環境効果
Technology summary (In Japanese)煉瓦が構成する空間には、癒しと穏やかな親和性に富んだセラピューティックな効果があるといわれています。この研究では高耐久でLCA評価の高い煉瓦造住宅に乾式組積工法を用いて、我が国の気候風土に適した省エネ型の室内熱環境、耐震性、及び、リサイクル性を確保するとともに、産業廃棄物である石炭灰を利用した多様な色彩・テクスチャーの煉瓦で妥当な価格の煉瓦造住宅とセラピューティックな生活空間の実現をめざします。
Research field
  • Nursing, nursing services
  • Heat insulation of buildings
  • Earthquake‐proofing, vibration‐proofing, seismic isolation of buildings
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Social Systems for Better Environment Performance
Information research report
  • (In Japanese)松藤 泰典. 環境低負荷型の社会システム セラピューティック煉瓦造住宅の住環境効果. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.615 - 624.

PAGE TOP