Top > Search Research paper > (In Japanese)高温空気燃焼技術を用いた廃棄物・石炭高効率発電

(In Japanese)高温空気燃焼技術を用いた廃棄物・石炭高効率発電

Research report code R030000143
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)吉川 邦夫
Affiliation
  • (In Japanese)東京工業大学大学院総合理工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京工業大学
Report name (In Japanese)高温空気燃焼技術を用いた廃棄物・石炭高効率発電
Technology summary (In Japanese)我が国で開発された高温空気燃焼技術を用いて、廃棄物や石炭などの環境負荷の高い燃料に適用可能な、高効率、低環境負荷、しかも低コストの小型発電システムを開発することを目的とします。本発電システムでは、1000℃以上に加熱された高温空気で燃料をガス化し、生成ガス中の環境汚染物質を除去した後に、生成ガスを再び高温空気で低NOx燃焼させて、蒸気タービンやガスタービンを駆動し、発電を行います。
Drawing

※Click image to enlarge.

R030000143_01SUM.gif
Research field
  • Biomars fuels and refuse derived fuels
  • Power generation in general
  • Waste treatment in general
  • Recycling of resources
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Social Systems for Better Environment Performance
Information research report
  • (In Japanese)吉川 邦夫. 環境低負荷型の社会システム 高温空気燃焼技術を用いた廃棄物・石炭高効率発電. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.625 - 642.

PAGE TOP