Top > Search Research paper > (In Japanese)脳の動的時空間計算モデルの構築とその実装

(In Japanese)脳の動的時空間計算モデルの構築とその実装

Research report code R030000144
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)合原 一幸
Affiliation
  • (In Japanese)東京大学大学院新領域創成科学研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京大学
Report name (In Japanese)脳の動的時空間計算モデルの構築とその実装
Technology summary (In Japanese)本研究では、ニューロンのカオス性、非同期性とノイズ効果に着目して、脳における非線形時空間ダイナミカル情報処理機構に関する数理モデルを構築するとともに、そのモデルをアナログ・非同期電子回路技術を用いて実装した。この研究を通じて、現在のディジタルコンピュータとは大きく異なる、アナログ性と非同期性に基づく脳型情報処理システムの構成理論と基盤技術を確立するとともに、様々なカオス工学応用技術を開発した。さらに、脳の情報コーディング機構に関して、集中発火率と同期発火間隔を用いた時空間デュアルコーディング仮説を提案した。
Research field
  • Brain and nervous system models
  • Molecular and genetic information processing
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creating the Brain
Information research report
  • (In Japanese)合原 一幸. 脳を創る 脳の動的時空間計算モデルの構築とその実装. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.643 - 655.

PAGE TOP