Top > Search Research paper > (In Japanese)北西太平洋の海洋生物化学過程の時系列観測

(In Japanese)北西太平洋の海洋生物化学過程の時系列観測

Research report code R030000156
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)野尻 幸宏
Affiliation
  • (In Japanese)国立環境研究所
Research organization
  • (In Japanese)国立環境研究所
Report name (In Japanese)北西太平洋の海洋生物化学過程の時系列観測
Technology summary (In Japanese)西部亜寒帯太平洋定点KNOT(北緯44 度、東経155 度)において、国内観測船4隻による観測協力を得て、1998 年6月から2000年10月の集中観測期間に、27回の定点観測を行った。海水の炭酸系(全炭酸、アルカリ度、CO2 分圧)、栄養塩、溶存酸素、一次生産速度について、精度管理された時系列データを得た。その結果、亜熱帯海域の時系列観測点と比べてはるかに大きい生物生産季節変化を反映した炭素循環が確認され、観測結果が海洋
生態系モデルで表現された。
Research field
  • Climatology, climatic change
  • Physical oceanography in general
  • Geochemistry of hydrosphere and biosphere
  • Ecosystems
  • Environmental problems
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Mechanism of Global Change
Information research report
  • (In Japanese)野尻 幸宏. 地球変動のメカニズム 北西太平洋の海洋生物化学過程の時系列観測. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.787 - 800.

PAGE TOP