Top > Search Research paper > (In Japanese)超伝導受信器を用いたオゾン等の大気微量分子の高度分布測定装置の開発

(In Japanese)超伝導受信器を用いたオゾン等の大気微量分子の高度分布測定装置の開発

Research report code R030000157
Posted date Mar 18, 2005
Researchers
  • (In Japanese)福井 康雄
Affiliation
  • (In Japanese)名古屋大学大学院理学研究科
Research organization
  • (In Japanese)名古屋大学
Report name (In Japanese)超伝導受信器を用いたオゾン等の大気微量分子の高度分布測定装置の開発
Technology summary (In Japanese)超伝導受信機を用いた高感度・高精度の大気微量分子高度分布測
定装置を開発し、南米チリにおいてオゾン層破壊に密接に関連する一酸化塩素(ClO)分子の測定を行った。開発した装置は1GHzの帯域幅にわたって安定した周波数ベースラインのデータを取得することが可能で、高度15 km 以上の成層圏のClO 高度分布を測定することができる。高度40km付近のClOをわずか5時間ほどの実観測時間で定量することに成功し、既存の装置では困難であった一日内のClO 量の時間変動を実測できる可能性を拓いた。
Research field
  • Radio‐frequency and microwave spectra of inorganic molecules
  • Stratosphere, mesosphere
  • Geochemistry of troposphere and stratosphere
  • Molecular genetics in general
  • Aerospheric environmental pollution
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Mechanism of Global Change
Information research report
  • (In Japanese)福井 康雄. 地球変動のメカニズム 超伝導受信器を用いたオゾン等の大気微量分子の高度分布測定装置の開発. 戦略的創造研究推進事業 平成9年度 採択研究課題 研究終了報告書 概要版 2003. p.801 - 811.

PAGE TOP