Top > Search Research paper > (In Japanese)DNAはいかにして分配されていくのか? -バクテリアのセントロメアを求めて-

(In Japanese)DNAはいかにして分配されていくのか? -バクテリアのセントロメアを求めて-

Research report code R030000210
Posted date Feb 22, 2005
Researchers
  • (In Japanese)仁木 宏典
Affiliation
  • (In Japanese)国立遺伝学研究所放射線・アイソトープセンター
Research organization
  • (In Japanese)国立遺伝学研究所
Report name (In Japanese)DNAはいかにして分配されていくのか? -バクテリアのセントロメアを求めて-
Technology summary (In Japanese)バクテリアの染色体は複製しながら娘細胞へと分配されていく。かつて、その移動は細胞伸長に因るものと考えられてきた。しかし、我々は分配過程の大腸菌染色体の特定領域の観察から、細胞伸長に因らない動的な染色体の移動があることを見出した。染色体の複製起点(oriC )は細胞中央で複製し、それぞれのコピーは両極へ移動する。ではこのoriC領域の両極への移動の仕組みはどうなっているのか、oriC 近傍にはセントロメアに相当する部位があるのか? 本研究では、バクテリアの染色体分配の分子機構の解明を目指した。
Research field
  • Structure and chemistry of genes
  • Cell division and proliferation
Published papers related (In Japanese)(1) Inagawa, T., Kato, J., Niki, H., Karata, K., and Ogura, T. (2001). Defective plasmid partition in ftsH mutants of Escherichia coli. Mol. Gen. Genomics 265, 755-762.
(2) Yamaichi, Y., and Niki, H. (2000). Active segregation by the Bacillus subtilis partitioning system in Escherichia coli. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 97, 14656-14661.
(3) Niki, H., Yamaichi, Y., and Hiraga. S. (2000). Dynamic organization of chromosomal DNA in Escherichia coli. Genes Dev. 14, 212-223.
(4) Hiraga, S., Ichinose, C., Onogi, T., Niki, H., and Yamazoe, M. (2000). Bidirectional migration of SeqA-bound hemimethylated DNA clusters and paring of oriC copies in Escherichia coli. Genes Cells 5, 327-431.
(5) Niki, H., and Hiraga, S. (1999). Subcellular localization of plasmids containing the oriC region of Escherichia coli chromosome, with or without the sopABC partitioning system. Mol. Microbiol. 34, 498-503.
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Unit Process and Combined Circuit
Information research report
  • (In Japanese)仁木 宏典. DNAはいかにして分配されていくのか? -バクテリアのセントロメアを求めて-. 「さきがけ研究21」研究報告会 「素過程と連携」領域 講演要旨集(研究期間:1998-2001),2001. p.2 - 3.

PAGE TOP