Top > Search Research paper > (In Japanese)活動の履歴情報を映像として蓄積し検索するシステム

(In Japanese)活動の履歴情報を映像として蓄積し検索するシステム

Research report code R030000234
Posted date Feb 22, 2005
Researchers
  • (In Japanese)川嶋 稔夫
Affiliation
  • (In Japanese)はこだて未来大学システム情報科学部
Research organization
  • (In Japanese)はこだて未来大学
Report name (In Japanese)活動の履歴情報を映像として蓄積し検索するシステム
Technology summary (In Japanese)本研究では知的活動支援のために、個人に関連する情報を自動的に蓄積して、ユーザが利用するための情報システムをつぎの2 つの立場から考えた。(1) 個人が日常生活のなかで視覚によって経験した膨大なエピソード映像を、同時に頭部につけたカメラを通じて撮影、記録し、編集、管理する方法。(2) 机上での文書に関わる個人の行動と文書の内容を自動的に記録、蓄積、検索する方法。
Drawing

※Click image to enlarge.

R030000234_01SUM.gif R030000234_02SUM.gif R030000234_03SUM.gif
Research field
  • Documentation
  • Information processing
  • Image pickup and picture recording equipment
Published papers related (In Japanese)(1) Toda, Yamaguchi, Kawashima, Aoki: Live Image handling for Computer Assisted Presentation, Proceedings on Vision Interface 98, pp.141-148, (1998)
(2) Iijima, Ishigami, Kawashima, Aoki, Personal History Management by Monitoring Action in Everyday Life, Proceedings of International Workshop on Soft Computing in Industry 99, pp.383-388, (1999)
(3) 石上,飯島,川嶋,青木:日常生活空間における視点映像の階層的セグメンテーション,電子情報通信学会技術報告,PRMU99-124, pp.165-172, (1999)
(4) Kawashima, Nakagawa, Miyazaki, Aoki: Desktop Scene Analysis for Document Management System, International Workshop on Document Analysis and Understanding for Document Databases, pp.544-548, (1999)
(5) 川嶋:ウェアラブルな視覚情報メディアによるエピソード記憶の支援,平成11年度電子情報通信学会ソサィエティ大会講演論文集, (1999)
(6) 川嶋:記憶想起支援とウェアラブルコンピュ一タ,第5回知能情報メディアシンポジウム, pp.107-110, (1999)
(7) 石上,飯島,川嶋,青木:エピソード映像の時空間的階層提示による記憶想起,電子情報通信学会技術報告,PRMU98-186 ,pp.75-82, (1999)
(8) 飯島,石上,川嶋,青木,日常生活のモニタリングによる行為履歴の記録,電子情報通信学会技術報告,PRMU98-187, pp.83-90, (1999)
(9) 戸田,中川,川嶋,青木:能動視覚を用いたプレゼンテーション支援のための適応的画像取得,電子情報通信学会論文誌D-II,J82-DII,1,pp.19-28,(1999)
(10) 長崎,飯島,川嶋,守田:日常生活映像からのエピソード映像の要約,2000年度電子情報通信学会情報システムソサィエティ大会パネル討論, (2000)
(11) 伊福部,川嶋,画像をあやつる─仮想現実感とその応用─,電子情報通信学会誌, 83-9, 670-674, (2000)
(12) 宮崎,長崎,川嶋,青木,紙の変形を考慮した机上文書のハンドリング,電子情報通信学会技術報告,PRMU-180, 143-148, (2001)
(13) Nagasaki, Toda, Iijima, Kawashima: Extracting Personal Behavior Based on Snapshot Sequence, International Symposium: Toward a Development of KANSEI Technology, (2001)
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Information and Human Activity
Information research report
  • (In Japanese)川嶋 稔夫. 活動の履歴情報を映像として蓄積し検索するシステム. 「さきがけ研究21」研究報告会 「情報と知」領域 講演要旨集 第II期研究者(研究期間:1998-2001),2001. p.41 - 47.

PAGE TOP