Top > Search Research paper > (In Japanese)柔軟なソフトウェアの構築原理とその実現

(In Japanese)柔軟なソフトウェアの構築原理とその実現

Research report code R030000246
Posted date Feb 22, 2005
Researchers
  • (In Japanese)原田 康徳
Affiliation
  • (In Japanese)NTTコミュニケーション科学基礎研究所
Research organization
  • (In Japanese)NTTコミュニケーション科学基礎研究所
Report name (In Japanese)柔軟なソフトウェアの構築原理とその実現
Technology summary (In Japanese)使用者の立場から、プログラムを柔軟に拡張できるようにするために、ソフトウェアの構築法を探り、それを実証する。具体的には、従来のプログラムはデータとそれを操作する小さなプログラムの組をひとまとまりのオブジェクトとして扱い、それを沢山集めてひとつのアプリケーションとしていた。これはデータごとの拡張には優れているが、あるデータを操作する新しい機能を拡張することは難しい。それを本研究では、すべてのデータを使用者とコンピュータとで共通にアクセスできるようにし、それらを複数の機能別のプログラムによって操作することでアプリケーションを作成する。新しい機能は新しいプログラムを作成するだけで追加できる。
Drawing

※Click image to enlarge.

R030000246_01SUM.gif R030000246_02SUM.gif R030000246_03SUM.gif
Research field
  • Computer software in general
  • Computer system operational management
  • System programmings in general
  • Operating systems
  • Applied programming languages
Published papers related (In Japanese)(1) Yasunori Harada, Kenichi Yamazaki, Richard Potter: CCC: User-Defined Object Structure in C. ECOOP 2001: 118-129
(2) 原田康徳,山崎憲一:CCC-データの内部表現に依存しないオブジェクト指向,情報処理学会論文誌:プログラミング,Vol.42, No.SIG2 (PRO 9), pp.48-60 (2001).
(3) Kenji Miyamoto, Yasunori Harada, Richard Potter: A Vispatch: A Visual Language for Animation that Rewrites Kinematic Objects, Advanced Visual Interfaces 2000, 255-260.
(4)宮本健司,原田康徳:分散書換えビジュアル言語によるネットワークアプリケーション構築法,コンピュータソフトウェア,Vol.16, No.5 (1999).
(5) 原田康徳:逆ポインタを持つCONS,プログラミングシンポジウム (2000)。
(6) 原田康徳:Visibility Programming─宣言的状態記述によるシステム記述,SPA2001。
(7) 原田康徳:データ抽象のないプログラミング,夏のプログラミングシンポジウム (2001)。
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Information and Human Activity
Information research report
  • (In Japanese)原田 康徳. 柔軟なソフトウェアの構築原理とその実現. 「さきがけ研究21」研究報告会 「情報と知」領域 講演要旨集 第II期研究者(研究期間:1998-2001),2001. p.141 - 147.

PAGE TOP