Top > Search Research paper > (In Japanese)波の影響を考慮した干潟水質予測モデルの構築と運用システムの研究開発 波の影響を考慮した干潟水質予測モデル

(In Japanese)波の影響を考慮した干潟水質予測モデルの構築と運用システムの研究開発 波の影響を考慮した干潟水質予測モデル

Research report code R030000331
Posted date Feb 22, 2005
Researchers
  • (In Japanese)山田 満男
Affiliation
  • (In Japanese)(株)海洋工学研究所
Research organization
  • (In Japanese)(株)海洋工学研究所
Report name (In Japanese)波の影響を考慮した干潟水質予測モデルの構築と運用システムの研究開発 波の影響を考慮した干潟水質予測モデル
Technology summary (In Japanese)干潟の水質浄化に重要な役割を果たし、その浄化機構の解明、水質・底質予測の数値モデルによる研究が多くなっているが、波の影響を考慮したモデルはない。本研究は、波による底泥の巻き上げ(浮上)が干潟の物質収支に及ぼす影響の解明を主眼として、波浪による砂泥の浮上・輸送を予測する数値モデルを干潟水質・底質予測モデルへ適用し、両者の結合を意図した。その場合の重要な課題である浮上砂と有機物の関係の解析と開発モデルの検証を目的として、現地調査(東京湾千葉県沿岸、稲毛の浜及び検見川の浜の砕波帯、及び沖合水域)を行った。この結果、前者の浜は、後者より波の影響を強く受けることが分かった。
Drawing

※Click image to enlarge.

R030000331_01SUM.gif R030000331_02SUM.gif
Research field
  • Coastal physical oceanography
  • Research and development
  • Marine pollution
Research project
  • Research and Development for Applying Advanced Computational Science and Technology(ACT-JST) ;Environment&Safety (Short Type)
Information research report
  • (In Japanese)山田 満男. 波の影響を考慮した干潟水質予測モデルの構築と運用システムの研究開発 波の影響を考慮した干潟水質予測モデル. 計算科学技術活用型 特定研究開発推進事業 研究報告会 ~進展する第三の科学技術~ 2000. p.98 - 99.

PAGE TOP