Top > Search Research paper > (In Japanese)宇宙シミュレーション・ネットラボラトリーシステムの開発

(In Japanese)宇宙シミュレーション・ネットラボラトリーシステムの開発

Research report code R030000360
Posted date Feb 22, 2005
Researchers
  • (In Japanese)松元 亮治
Affiliation
  • (In Japanese)千葉大学理学部
Research organization
  • (In Japanese)千葉大学
Report name (In Japanese)宇宙シミュレーション・ネットラボラトリーシステムの開発
Technology summary (In Japanese)本研究は宇宙シミュレーションのコードライブラリを整備し、ネットワーク経由でシミュレーションの実施から結果の解析・可視化まで可能なバーチャルラボラトリーを構築することを意図した。全体は、(1)天体シミュレーション実施支援システム、(2)スペースシミュレーション実施支援システム、及び(3)シミュレーションデータベースから構成した。(1)では、最先端の研究、及びシミュレーション学習両方のための磁気流体シミュレーション総合ソフトウェア環境CANS(Coordianted Astronomical Numerical Softwares)を開発した。(2)では、これまで個別に開発・利用されてきた電磁流体シミュレーションやプラズマ粒子シミュレーションコードをネットワーク上で統一的に取り扱えるソフトウェアシステムを開発し、Web経由で基本的なプラズマシミュレーションを実施できる環境を開発した。(3)では、CANSの基本課題モジュールに含まれている天体シミュレーションの典型的問題を解説するWebページを作成し、一般ユーザーからのアクセスを可能にした。
Drawing

※Click image to enlarge.

R030000360_01SUM.gif R030000360_02SUM.gif R030000360_03SUM.gif
Research field
  • Magnetohydrodynamics
  • Plasma flows, magnetohydrodynamics of plasma
  • Documentation
  • Astronomy and astrophysics in general
Research project
  • Research and Development for Applying Advanced Computational Science and Technology(ACT-JST) ;Terrestrial&Cosmic Observation (Basic Type)
Information research report
  • (In Japanese)松元 亮治. 宇宙シミュレーション・ネットラボラトリーシステムの開発. 計算科学技術活用型 特定研究開発推進事業 平成11・12年度採択課題 研究開発終了シンポジウム 予稿集 ~計算で、見る・知る・予測する~ 2003. p.22 - 26.

PAGE TOP