Top > Search Research paper > (In Japanese)音で集まる分子の発見 -閉殻構造を有する多核有機金属分子の合成と機能創出-

(In Japanese)音で集まる分子の発見 -閉殻構造を有する多核有機金属分子の合成と機能創出-

Research report code R070000020
File No. R070000020
Posted date Apr 11, 2008
Researchers
  • (In Japanese)直田 健
Affiliation
  • (In Japanese)大阪大学大学院基礎工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)大阪大学大学院基礎工学研究科
Report name (In Japanese)音で集まる分子の発見 -閉殻構造を有する多核有機金属分子の合成と機能創出-
Technology summary (In Japanese)短い笛の音を合図に自由運動をしていた分子がマスゲームのように整列をはじめる。今まで行い得なかった音響照射のみに応答する小分子の集合精密制御が、新しい洗濯バサミ型有機金属分子の設計と合成により可能となった。これにより、長期安定溶液の秒単位超音波照射による瞬時ゲル化等の流体の新しい流動性制御に道が開かれた。
Drawing

※Click image to enlarge.

R070000020_01SUM.gif R070000020_02SUM.gif R070000020_03SUM.gif R070000020_04SUM.gif R070000020_05SUM.gif R070000020_06SUM.gif R070000020_07SUM.gif R070000020_08SUM.gif R070000020_09SUM.gif R070000020_10SUM.gif R070000020_11SUM.gif R070000020_12SUM.gif R070000020_13SUM.gif R070000020_14SUM.gif R070000020_15SUM.gif
Research field
  • Coordination compounds in general
  • Reaction due to charged particle bombardment and electric discharge
  • Effects on organic reaction
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Synthesis and Control
Information research report
  • (In Japanese)直田 健. 音で集まる分子の発見 -閉殻構造を有する多核有機金属分子の合成と機能創出-. さきがけライブ2004 物質科学・生命分野 さきがけタイプ研究報告会 「合成と制御」領域 講演要旨集(第1期研究者)(研究期間2001-2004), 2004. p.135 - 153.
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)直田 健, 郡 弘, . GELLING AGENT AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR. P2003-261859A. Sep 19, 2003
  • C09K   3/00     
  • C07C 251/24     
  • C07F  15/00     

PAGE TOP