Top > Search Research paper > (In Japanese)生体・溶液系ナノデバイス研究の為の微小流体チップ開発

(In Japanese)生体・溶液系ナノデバイス研究の為の微小流体チップ開発 meetings

Research report code R070000057
File No. R070000057
Posted date Apr 11, 2008
Researchers
  • (In Japanese)高村 禅
Affiliation
  • (In Japanese)北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科
Research organization
  • (In Japanese)北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科
Report name (In Japanese)生体・溶液系ナノデバイス研究の為の微小流体チップ開発 meetings
Technology summary (In Japanese)生命現象を分子ナノマシンの集合として理解し、工業的に応用しようとする研究が盛んである。細胞一つ一つの違いを分子レベルで解析するためには、数個の生体分子を拡散や吸着で失うことなく操作する技術や、多数の微量な細胞・液滴の効率的なハンドリングが重要となりつつある。本研究は、微細加工された流路や構造を用い、特に(I)テーパ状流路を用いた生体分子のトラップ・抽出・濃縮技術、(II)高密度集積化可能な液体駆動技術の研究を通して、(III)細胞、液滴、分子を選択的に操作・検出する高機能高集積微小流体システムを構築を目指し、生体・溶液系ナノデバイス研究に新手法を提供することを目的とする。
Drawing

※Click image to enlarge.

R070000057_01SUM.gif R070000057_02SUM.gif R070000057_03SUM.gif R070000057_04SUM.gif
Research field
  • Manufacturing technology of solid‐state devices
  • Biological system models in general
  • General
Published papers related (In Japanese)(1) Jun Okuno, Kenzo Maehashi, Kazuhiko Matsumoto, Kagan Kerman, Yuzuru Takamura, and Eiichi Tamiya, “Single-walled carbon nanotube-arrayed microelectrode chip for electrochemical analysis", Electrochemistry Communication (in press).
(2) Jun Okuno, Kenzo Maehashi, Kazuhiko Matusumoto, Kagan Kerman, Yuzuru Takamura and Eiichi Tamiya,“Label- free immunnosensor for prostate specific antigen based on single-walled cabon nanotube array modified microelectrodes" ,Biosensors and Bioelectoronics,(in press).
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Nanostructure and Material Ptoperty, Light and Control
Information research report
  • (In Japanese)高村 禅. 生体・溶液系ナノデバイス研究の為の微小流体チップ開発. 個人型研究(さきがけタイプ)ナノテクノロジー分野2領域合同研究報告会 講演要旨集 「ナノと物性」「光と制御」領域(研究期間2003-2006), 2006. p.22 - 23.

PAGE TOP