Top > Search Research paper > (In Japanese)AIDS関連レンチウイルスの宿主域決定機構

(In Japanese)AIDS関連レンチウイルスの宿主域決定機構

Research report code R070000062
File No. R070000062
Posted date Apr 11, 2008
Researchers
  • (In Japanese)宮沢 孝幸
Affiliation
  • (In Japanese)帯広畜産大学畜産学部
Research organization
  • (In Japanese)帯広畜産大学畜産学部
Report name (In Japanese)AIDS関連レンチウイルスの宿主域決定機構
Technology summary (In Japanese)ヒトにAIDSを引き起こすヒト免疫不全ウイルス(HIV、レンチウイルス属に分類)と極めて良く似たウイルスはサルにも存在し、サル免疫不全ウイルス(SIV)と呼ばれている。HIVには1型と2型の2種類あるが、前者はチンパンジー由来SIVが、後者はスーティマンガベイザル由来のSIVが起源とされ、およそ70から100年前にヒトに感染したと考えられている。ウイルスの感染にはレセプター(受容体)が必要であり、異なる動物に感染する時には、本来の宿主のレセプターのオルソログを利用することが多い。HIVとSIVは、細胞への結合に必要なレセプター(プライマリーレセプター)としてCD4分子を、結合後の融合に必要なレセプター(コレセプター)としてケモカインレセプター(CXCR4やCCR5)を用いている。レセプター分子がヒト-サル間で類似していたため、SIVはヒトに感染できたのであろう(図4)。ところで、レンチウイルスは霊長類以外にもネコ、ライオン、ヒューマ、馬、牛、バリ島牛、羊、山羊などにも存在する。これらのウイルスのレセプターもHIVやSIVと同様なのだろうか?興味深いことに、ネコのレンチウイルスすなわちネコ免疫不全ウイルス(FIV)は感染にケモカインレセプター(主にCXCR4)を必要としている。しかもFIVはヒトのCXCR4を使うことも可能なのである。FIVはCD4陽性細胞に強い指向性を持ち、感染ネコではCD4陽性細胞が減少し、ヒトのAIDSと類似した臨床経過をとる。このことから、FIVは霊長類と同じく、コレセプターにケモンカインレセプターを、プライマリーレセプターにCD4を利用していると予想された。しかし、CD4はFIVのプライマリーレセプターではなかった。CXCR4発現細胞にネコのCD4を導入しても感染が成立しないのである。ではFIVのプライマリーレセプターは何なのか?この疑問を解明することは、レンチウイルスの起源や宿主特異性機構の解明に役に立つと考え、我々はFIVのプライマリーレセプターの同定を試みた。
Drawing

※Click image to enlarge.

R070000062_01SUM.gif R070000062_02SUM.gif
Research field
  • Physiology and pathogenicity of virus infection
Published papers related (In Japanese)(1) Shimojima M. et al. (2004) Use of CD134 as a primary receptor by the feline immunodeficiency virus. Science 303: 1192-1195.
(2) Nishimura Y. et al. (2004) Downmodulation of CD3ε expression in CD8α+β- T cells of feline immunodeficiency virus-infected cats. J. Gen. Virol. 85: 2585-2589.
(3) Shimojima M. et al. (2004) T cell subpopulations mediating inhibition of feline immunodeficiency virus replication in mucosally infected cats. Microbes Infect. 6:265-271.
(4) Ericsson T.A. et al. (2003) Identification of receptors for pig endogenous retrovirus. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 100: 6759-6764.
(5) Shimojima M. et al (2003) Usage of myeloma and panning in retrovirus-mediated expression cloning. Anal. Biochem. 315:138-140.
(6) Kurihara T. et al. (2003) Sensivity to human serum of gammaretroviruses produced from pig endothelial cells transduced with glycosyltransferase genes. Xenotransplantation 10:562-568.
(7) Shimojima M. et al. (2003) Phenotypic changes in CD8+ peripheral blood lymphocytes in cats infected with feline immunodeficiency virus. Microbes Infect. 5: 1171-1176.
(8) Nakamura K. et al. (2003) Phylogenetic analysis of Vietnamese isolates of feline immunodeficiency virus: genetic diversity of subtype C. Arch. Virol. 148:783-791.
(9) Kohmoto M. et al (2003) Experimental mucosal infection with molecularly cloned feline immunodeficiency viruses. Clin. Diagn. Lab. Immunol. 10:185-188.
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Host and Defense
Information research report
  • (In Japanese)宮沢 孝幸. AIDS関連レンチウイルスの宿主域決定機構. 「生体と制御」研究領域 第一回研究報告会感染症と免疫疾患の発病メカニズムの解明へ新しいアプローチ 要旨集, 2004. p.4 - 6.

PAGE TOP