Top > Search Research paper > (In Japanese)網膜視細胞の発生機構-再生への期待

(In Japanese)網膜視細胞の発生機構-再生への期待

Research report code R070000104
File No. R070000104
Posted date Apr 11, 2008
Researchers
  • (In Japanese)古川 貴久
Affiliation
  • (In Japanese)大阪バイオサイエンス研究所
Research organization
  • (In Japanese)大阪バイオサイエンス研究所
Report name (In Japanese)網膜視細胞の発生機構-再生への期待
Technology summary (In Japanese)以前の研究において、我々は網膜視細胞と松果体に特異的に発現する転写因子Crxを単離し1)、いくつかの網膜変性疾患の原因遺伝子であることを明らかにした2)。その後、ノックアウトマウスの解析により、Crxが視細胞における光受容反応および松果体におけるメラトニン合成に重要であることを示した3)。しかしながら、Crxのホモ接合ノックアウトマウスにおいても視細胞の初期発生がみられることから、Crxと機能的に重複する遺伝子の存在が示唆されていた3)。そこで今回、Crxと同じOtxファミリーに属し、網膜における発現が報告されているOtx2に注目した。Otx2遺伝子の網膜視細胞発生における役割を生体レベルで解析した。
Drawing

※Click image to enlarge.

R070000104_01SUM.gif R070000104_02SUM.gif
Research field
  • Development (=generation) and differentiation
  • Visual sense
Published papers related (In Japanese)(1) Furukawa T, et al: Cell (1997) 91: 531-541
(2) Furukawa T, et al: Nat Genet (1999) 23: 466-470
(3) Simeone A, et al: Nature (1992) 358: 687-690
(4) Nishida A, et al: Nat Neurosci (2003) 6: 1255-1263
(5) Furukawa A, et al: J Neurosci (2002) 22: 1640-1647
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Time's Arrow and Biosignaling
Information research report
  • (In Japanese)古川 貴久. 網膜視細胞の発生機構-再生への期待. 2004年度 “タイムシグナルと制御”研究領域 報告会 要旨集 生命と時間 -新しい生命原理を求めて-, 2004. p.37 - 40.

PAGE TOP