Top > Search Research paper > (In Japanese)単一量子ドットにおける多光子量子操作

(In Japanese)単一量子ドットにおける多光子量子操作

Research report code R070000132
File No. R070000132
Posted date Apr 11, 2008
Researchers
  • (In Japanese)黒田 隆
Affiliation
  • (In Japanese)物質・材料研究機構量子ドットセンター
Research organization
  • (In Japanese)物質・材料研究機構量子ドットセンター
Report name (In Japanese)単一量子ドットにおける多光子量子操作
Technology summary (In Japanese)固体ベースの量子計算機を実現する方法として、量子ドットの内部に形成する励起子状態を量子ビットに用いる提案がある。半導体素子のため集積化が比較的容易であり、また量子ゲートに超短パルスレーザー光を用いるため、ピコ秒スケールの高速演算が期待できる。本研究では、量子ドット励起子を用いた量子計算機の実現に向けて、量子ビットの最重要な評価指数であるデコヒーレンス時間の観測を行い、その緩和機構を明らかにした。また、高精度かつ高効率な励起子量子ビット読み出し手法を開発し、単量子ビット・ゲート操作の検証に成功した。さらに多量子ビットを構成する量子ドット複合構造を創出し、分子軌道的な結合電子状態を確認した。これらの成果について報告する。
Drawing

※Click image to enlarge.

R070000132_01SUM.gif R070000132_02SUM.gif R070000132_03SUM.gif R070000132_04SUM.gif R070000132_05SUM.gif R070000132_06SUM.gif R070000132_07SUM.gif R070000132_08SUM.gif R070000132_09SUM.gif
Research field
  • Quantum optics in general
Published papers related (In Japanese)(1) T. Kuroda et al., Phys. Rev. B 66, 121302 (2002).
(2) T. Kuroda, Proc. SPIE, 61151L (2006).
(3) T. Kuroda et al., Phys. Rev. B 72, 205301 (2005).
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Quanta and Information
Information research report
  • (In Japanese)黒田 隆. 単一量子ドットにおける多光子量子操作. 「量子と情報」研究領域 第1回研究終了報告会 要旨集, 2006. p.29 - 35.

PAGE TOP