Top > Search Research paper > (In Japanese)カーボンナノチューブの非線形および磁気光学特性の研究

(In Japanese)カーボンナノチューブの非線形および磁気光学特性の研究

Research report code R070000133
File No. R070000133
Posted date Apr 11, 2008
Researchers
  • (In Japanese)市田 正夫
Affiliation
  • (In Japanese)甲南大学理工学部
Research organization
  • (In Japanese)甲南大学理工学部
Report name (In Japanese)カーボンナノチューブの非線形および磁気光学特性の研究
Technology summary (In Japanese)単層カーボンナノチューブは炭素原子だけで作られた自然形成の量子細線で、1次元の電子構造を持ち、またその構造によって金属あるいは半導体的なバンド構造を有している。最近、ナノチューブ特有の「電子的」「構造的」機能を生かして、次世代ナノエレクトロニクスデバイスに応用しようとする研究が盛んに行われてきている。超高速光通信を目指した次世代の光デバイスへの応用もその一例である。その実現のためには「光で光を制御する」ことが必要となり、光学材料が巨大かつ高速に応答する非線形感受率を持つことが重要となる。本研究では、カーボンナノチューブの非線形光学応答と磁気光学特性を調べ、カーボンナノチューブの非線形光学応答の起源やその時間挙動、さらに新奇な磁気光学現象を解明し、カーボンナノチューブベースの光デバイスとしての応用への指針を与えることを目的とした。フェムト秒光パルスを用いたポンプ・プローブ分光法を用いて、この系が大きな光学非線形性を有していることを見出し、その時間応答が、金属チューブと半導体チューブで大きく異なっていることを明らかにした。また、この系が、その構造に起因した特異な磁気光学特性を示すことを発見した。
Drawing

※Click image to enlarge.

R070000133_01SUM.gif R070000133_02SUM.gif
Research field
  • Nonlinear optics
  • Electrooptical effects, magnetooptical effects
Published papers related (In Japanese)(1) “Temperature dependence of time-resolved luminescence spectra for ID excitons in single-walled carbon nanotubes in micelles”, M. Ichida, I. Umezu, H. Kataura, M. Kimura, S. Suzuki, Y. Achiba, and H. Ando, J. Lumin., in press, 2004.
(2) “Ultrafast relaxation dynamics of photoexcited carriers in metallic and semiconducting single-walled carbon nanotubes”, M. Ichida, Y. Hamanaka, H. Kataura, Y. Achiba, A. Nakamura, J. Phys. Soc. Jpn., 73, in press, 2004.
(3) “Anisotropic optical properties of mechanically aligned single-walled carbon nanotubes in polymer”, M. Ichida, S. Mizuno, H. Kataura, Y. Achiba, and A. Nakamura, Appl. Phys. A, 78, 1117-1120, 2004.
(4) “Ultrafast relaxation dymnamics of photoexcited carriers in single-walled carbon nanotubes”, M. Ichida, Y. Hamanaka, H. Kataura, Y. Achiba, and A. Nakamura, Proc. 26th Int. Conf. Phys. Semicond. IoP Conf. 171, M4_3, 2002.
(5) “Magneto-optical properties of aligned single-walled carbon nanotubes”, M. Ichida, H. Wakida, H. Kataura, Y. Achiba, and H. Ando, 27th International Conference on the Physics of Semiconductors (H5.012), Arizona, July, 2004.
(6) “Ultrafast nonlinear optical response of single-walled carbon nanotubes”, M. Ichida, Y. Hamanaka, H. Kataura, Y. Achiba, and A, Nakamura, 1st International Congress on Bio-Nanointerface (23D-15-L4), Tokyo, May, 2003.
(7) 「カーボンナノチューブの基礎と応用」斎藤理一郎・篠原久典共編,第7章,培風館,2004
(8) 「カーボンナノチューブ -進む材料開発技術と今後の用途展開」,第2章,情報機構,2002
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Nanostructure and Material Property
Information research report
  • (In Japanese)市田 正夫. カーボンナノチューブの非線形および磁気光学特性の研究. さきがけライブ2004 ナノテクノロジー分野4領域合同研究報告会 ~ナノテクをさきがける~ 「ナノと物性」領域 講演要旨集(研究期間2001-2004), 2005. p.4 - 5.

PAGE TOP