Top > Search Research paper > (In Japanese)結核菌の宿主細胞内サバイバル機構における脂質膜構造変化の解析

(In Japanese)結核菌の宿主細胞内サバイバル機構における脂質膜構造変化の解析

Research report code R070000196
File No. R070000196
Posted date Apr 11, 2008
Researchers
  • (In Japanese)早川 枝李
Affiliation
  • (In Japanese)慶應義塾大学医学部
Research organization
  • (In Japanese)慶應義塾大学医学部
Report name (In Japanese)結核菌の宿主細胞内サバイバル機構における脂質膜構造変化の解析
Technology summary (In Japanese)近年、脂質膜の物理化学的性質が膜タンパク質の活性を調節していることがわかってきた。本研究では脂質分子固有の構造の違いに着目し、以下の二つの研究を行った。第一に、脂質分子の異なる形状の組み合わせにより誘導される脂質膜curvature stressが、脂質膜の物性と膜タンパク質の活性にどのような影響を与えるかについて、人工脂質二重層膜とG-プロテイン結合型膜タンパク質であるウシロドプシンを用いて検討した。この結果、脂質膜curvature stressの増大が、ロドプシンの活性を増加させ、脂質分子間のパッキング状態を、より密にしていることがわかった。第二に、細胞における現象モデルとして、ファゴソーム-リソソーム膜融合阻害を伴う結核菌の宿主細胞内でのサバイバル機構を検討するため、ファゴソーム膜類似人工脂質膜の膜構造ドメイン変化について、原子間力顕微鏡(Atomic Force Microscopy,AFM)とFRETを用いて解析した。この結果、結核菌から産生されるlipoarabinomannan(LAM)が人工脂質膜の膜構造ドメインを変化させ、また人工脂質二重層膜を用いた系で膜融合を阻害する可能性がin vitro実験により初めて示された。
Drawing

※Click image to enlarge.

R070000196_01SUM.gif R070000196_02SUM.gif R070000196_03SUM.gif
Research field
  • Physiology and pathogenicity of microbial infection
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Structure and Function of Biomolecules
Information research report
  • (In Japanese)早川 枝李. 結核菌の宿主細胞内サバイバル機構における脂質膜構造変化の解析. 2004年度“たんぱく質関連領域”合同シンポジウム 要旨集 「生体分子の形と機能」, 2004. p.41 - 44.

PAGE TOP