Top > Search Research paper > (In Japanese)癌・パーキンソン病の解明を目指したユビキチンリガーゼ複合体の結晶構造に関する基礎的研究

(In Japanese)癌・パーキンソン病の解明を目指したユビキチンリガーゼ複合体の結晶構造に関する基礎的研究

Research report code R070000200
File No. R070000200
Posted date Apr 11, 2008
Researchers
  • (In Japanese)水島 恒裕
Affiliation
  • (In Japanese)名古屋大学
Research organization
  • (In Japanese)名古屋大学
Report name (In Japanese)癌・パーキンソン病の解明を目指したユビキチンリガーゼ複合体の結晶構造に関する基礎的研究
Technology summary (In Japanese)ユビキチン蛋白質分解系は細胞周期調節因子や不要蛋白質を分解することで生体機能を維持する働きを持ち、パーキンソン病など病気とも深く関係しています。ユビキチンリガーゼはこの反応経路において、分解されるべき蛋白質を選び出し標識する役割を担っており、本研究では糖蛋白質を分解する働きを持った新しいユビキチンリガーゼの立体構造を決定し、その反応機構を解明しました。
Drawing

※Click image to enlarge.

R070000200_01SUM.gif R070000200_02SUM.gif R070000200_03SUM.gif R070000200_04SUM.gif
Research field
  • Basic neurology
  • Biological function
  • Cell physiology in general
Published papers related (In Japanese)(1) Structural basis of sugar-recognizing ubiquitin ligase.Mizushima T, Hirao T,Yoshida Y,Lee S J,Chiba T,Iwai K,Yamaguchi Y,Kato K,Tsukihara T,Tanaka K, Nat Struct Biol. 11,365-370. (2004)
(2) ユビキチンシステムの構造生物学 水島恒裕,医学のあゆみ,(2004)211,17-22.
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Structure and Function of Biomolecules
Information research report
  • (In Japanese)水島 恒裕. 癌・パーキンソン病の解明を目指したユビキチンリガーゼ複合体の結晶構造に関する基礎的研究. 2004年度“たんぱく質関連領域”合同シンポジウム 要旨集 「生体分子の形と機能」, 2004. p.89 - 92.

PAGE TOP