Top > Search Research paper > (In Japanese)単一次元鎖磁石の構造秩序性と磁性制御(層状酸化物の選択的組成制御と新機能の開拓)

(In Japanese)単一次元鎖磁石の構造秩序性と磁性制御(層状酸化物の選択的組成制御と新機能の開拓)

Research report code R070000253
File No. R070000253
Posted date Apr 11, 2008
Researchers
  • (In Japanese)宮坂 等
Affiliation
Report name (In Japanese)単一次元鎖磁石の構造秩序性と磁性制御(層状酸化物の選択的組成制御と新機能の開拓)
Technology summary (In Japanese)近未来のコンピューターデバイス、メモリーの材料として最も期待されるものが、「単分子磁石(Single-Molecule Magnet)」や「単一次元鎖磁石(Single-Chain Magnet)」と言われるナノスケール化合物(分子)である。前者は独立な分子、後者は一本の一次元鎖を意味するが、分子一つ一つがいわゆる“磁石”として振る舞うことができれば膨大な量の情報を蓄積できるだろうし、分子レベル(ナノスケール)で磁化の大きさが画一化されれば分子独自の量子性を使った信号情報としても有用である。しかし、分子や一本の一次元磁性鎖が磁石になるのだろうか?今までの“磁石”という概念(古典的バルク磁石)を考えれば常識的に不可能である。孤立した一次元鎖内で磁化がある方向に一義的に配列しても、三次元的なバルクの磁石にはなり得ない。しかし、強磁性的、或いはフェリ磁性的Ising chainは一次元的に配列したスピンが一軸異方性によって縛られるためにスピンの反転にエネルギー障壁が生じるため、準安定状態をもつ磁石としての性質が内在される可能性がある。これが「単一次元鎖磁石」である。1963年にR.J. GlauberのIsing理論により磁化反転の時間依存性が理論予想されたが、実験的に化合物レベルで解明されたのはようやく今世紀に入ってからである。本研究者は2例目、ヘテロ金属一次元磁性鎖を使った強磁性Ising-type鎖では世界で初めての単一次元鎖磁石を見出した。本研究では、Glauberの理論を実際の強磁性単一次元鎖磁石で検証し、さらに、単一次元鎖磁石の合理的な設計を模索しつつ、それを「バルクと量子ナノの狭間」としたときの物質の次元の変遷[孤立微小分子→ナノクラスター(量子的状態)→単一次元鎖→構造部分崩壊(グラス状態、量子?バルク?)→バルク]を構造と磁気的秩序の観点から一群のMnIII salen系金属錯体化合物を基にコントロールすることを本研究の目的とした。
Drawing

※Click image to enlarge.

R070000253_01SUM.gif R070000253_02SUM.gif R070000253_03SUM.gif R070000253_04SUM.gif R070000253_05SUM.gif R070000253_06SUM.gif R070000253_07SUM.gif R070000253_08SUM.gif R070000253_09SUM.gif R070000253_10SUM.gif R070000253_11SUM.gif R070000253_12SUM.gif R070000253_13SUM.gif R070000253_14SUM.gif
Research field
  • Magnetic properties of inorganic compounds
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Structural Ordering and Physical Properties
Information research report
  • (In Japanese)宮坂 等. 単一次元鎖磁石の構造秩序性と磁性制御(層状酸化物の選択的組成制御と新機能の開拓). さきがけライブ2004 ナノテクノロジー分野合同研究報告会 「秩序と物性」領域 講演要旨集(研究期間:2001-2004), 2005. p.66 - 73.

PAGE TOP