Top > Search Research paper > (In Japanese)触・力覚の知覚特性を利用した新たな芸術表現の基盤研究

(In Japanese)触・力覚の知覚特性を利用した新たな芸術表現の基盤研究

Research report code R090000031
Posted date Mar 13, 2009
Researchers
  • (In Japanese)渡邊 淳司
Affiliation
  • (In Japanese)科学技術振興機構
Report name (In Japanese)触・力覚の知覚特性を利用した新たな芸術表現の基盤研究
Technology summary (In Japanese)芸術表現を鑑賞者の感覚・知覚特性まで含めて考えることは、作品の表現能力を拡大する上で重要な視点であり、特に、鑑賞者に大きな驚きを与える錯覚は重要な表現ツールだと考えられます。本研究では、視聴覚にとどまらず、触・力覚をも含めた、知覚特性に基づく芸術表現の基盤技術(人間の知覚メカニズムの解明、錯覚を利用した新たなインタフェース)を提供し、メディア芸術の表現領域拡大に貢献します。
Drawing

※Click image to enlarge.

R090000031_01SUM.gif R090000031_02SUM.gif
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Foundation of technology supporting the creation of digital media contents
Information research report
  • (In Japanese)渡邊 淳司. 触・力覚の知覚特性を利用した新たな芸術表現の基盤研究. 表現の未来へ 2008 「デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術」領域シンポジウム. p.54 - 55.

PAGE TOP