Top > Search Research paper > (In Japanese)蛋白翻訳後側鎖アミノ酸付加の分子機構

(In Japanese)蛋白翻訳後側鎖アミノ酸付加の分子機構

Research report code R090000087
Posted date Apr 17, 2009
Researchers
  • (In Japanese)瀬藤 光利
Affiliation
  • (In Japanese)岡崎国立共同研究機構 生理学研究所
Report name (In Japanese)蛋白翻訳後側鎖アミノ酸付加の分子機構
Technology summary (In Japanese)私には知りたいことが3つある。一つは単アミノ酸をチュブリンに付加する酵素を知ること。一つはモーター蛋白質が端で溜まらないようにする酵素を知ること。そして物質を直接可視化する質量分析顕微鏡でチュブリンが見えるかどうかを知ることである。
Published papers related (In Japanese)Setou M, Hayasaka T, Yao I Axonal transport vs dendritic transport J Neurobiol. 2004 Feb;58(2):201-206.
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Time's Arrow and Biosignaling
Information research report
  • (In Japanese)瀬藤 光利. 蛋白翻訳後側鎖アミノ酸付加の分子機構. 2005年度 “タイムシグナルと制御”研究領域 研究報告会 要旨集 生命と時間 新しい生命原理を求めて. p.25 - 26.

PAGE TOP