Top > Search Research paper > (In Japanese)測定過程を使った非古典的な原子集団スピン励起の生成と制御

(In Japanese)測定過程を使った非古典的な原子集団スピン励起の生成と制御

Research report code R090000098
Posted date Apr 24, 2009
Researchers
  • (In Japanese)宇佐見 康二
Affiliation
  • (In Japanese)科学技術振興機構
Report name (In Japanese)測定過程を使った非古典的な原子集団スピン励起の生成と制御
Technology summary (In Japanese)光と原子集団との相互作用において個々の原子の区別がつかない時、原子集団の物理は集団変数で記述することができる。特にスピン偏極された原子集団を考える場合、原子集団のスピン状態は、光のようにボゾンとして量子的に取り扱うことができる。この光と原子集団スピンのボゾンとしての類似性を探索することで、量子光学の実験手法を非古典的集団原子スピン状態の生成、推定、制御に適用し、量子集団スピントロニクスともいうべき新分野の開拓を目的に本研究を推進した。
Drawing

※Click image to enlarge.

R090000098_01SUM.gif R090000098_02SUM.gif R090000098_03SUM.gif R090000098_04SUM.gif
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Quanta and Information
Information research report
  • (In Japanese)宇佐見 康二. 測定過程を使った非古典的な原子集団スピン励起の生成と制御. さきがけ「量子と情報」研究領域 第3回研究終了報告会 要旨集. p.23 - 29.

PAGE TOP