Top > Search Research paper > (In Japanese)全天周と極小領域映像を扱うための入出力機器の研究開発

(In Japanese)全天周と極小領域映像を扱うための入出力機器の研究開発

Research report code R090000107
Posted date Apr 24, 2009
Researchers
  • (In Japanese)橋本 典久
Affiliation
  • (In Japanese)科学技術振興機構
Report name (In Japanese)全天周と極小領域映像を扱うための入出力機器の研究開発
Technology summary (In Japanese)写真やビデオなどに代表される映像記録方式では、画角が180°程度までのレンズしか存在しないために、空間の一部しか記録することができません。この研究では、レンズ主点を軸とした回転カメラから得られた全天周映像をプラネタリウムのように巨大球状スクリーンで上映するのではなく、小型球体の外側に表示する方式の球体ディスプレイを実現するための入出力機器の研究開発を行っています。
Drawing

※Click image to enlarge.

R090000107_01SUM.gif R090000107_02SUM.gif
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Foundation of technology supporting the creation of digital media contents
Information research report
  • (In Japanese)橋本 典久. 全天周と極小領域映像を扱うための入出力機器の研究開発. 表現の未来へ 「デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術」領域シンポジウム 2007予稿集. p.48 - 49.

PAGE TOP