Top > Search Research paper > (In Japanese)Locative Mediaを利用した芸術/文化のための視覚表現技術開

(In Japanese)Locative Mediaを利用した芸術/文化のための視覚表現技術開

Research report code R090000112
Posted date Apr 24, 2009
Researchers
  • (In Japanese)野口 靖
Affiliation
  • (In Japanese)東京工芸大学 芸術学部 メディアアート表現学科
Report name (In Japanese)Locative Mediaを利用した芸術/文化のための視覚表現技術開
Technology summary (In Japanese)本研究の目的は、3Dグラフィックスを利用した「時空間」マッピングシステムとネットワーク上のデータベースを統合し、更にはコンピュータビジョン(以下CV)やGPS機能を連携させることです。この研究成果をAPIやソフトウエアの形で広く一般に提供していく事により、特に歴史/文化的コンテンツのアーカイブ化のケースにおいて、Locative Media技術を利用したメディア芸術表現が可能になることを目指します。
Drawing

※Click image to enlarge.

R090000112_01SUM.gif R090000112_02SUM.gif
Research project
  • Precursory Research for Embryonic Science and Technology.;Foundation of technology supporting the creation of digital media contents
Information research report
  • (In Japanese)野口 靖. Locative Mediaを利用した芸術/文化のための視覚表現技術開. 表現の未来へ 「デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術」領域シンポジウム 2007予稿集. p.58 - 59.

PAGE TOP