Top > Search Research paper > (In Japanese)量子効果等の物理現象 スピン計測 スピンSPMの開発とスピン制御

(In Japanese)量子効果等の物理現象 スピン計測 スピンSPMの開発とスピン制御

Research report code R990004247
Posted date Feb 6, 2001
Researchers
  • (In Japanese)武笠 幸一
Affiliation
  • (In Japanese)北海道大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)北海道大学大学院工学研究科
Report name (In Japanese)量子効果等の物理現象 スピン計測 スピンSPMの開発とスピン制御
Technology summary (In Japanese)電子についての従来の視点:質量・電荷から脱却して“スピンの視点”で考える新分野,すなわちスピンの関与する量子現象を積極的に用いた新世界を切り拓くことを目的とする。
第1に物質表面のスピンの状態を原子分解能で測定可能な走査プローブ顕微鏡(スピンSPM)の開発を行う。本研究ではスピン状態の計測・理解からスピン制御を行い,表面新物質層を創製を行うものである。この目的にそってスピンSPMとしては,スピン偏極走査型トンネル顕微鏡(SP-STM)および交換相互作用力顕微鏡(FEM)の研究開発を行い,観測の可能性を明らかにした。主な項目を次に示した。
1)スピンSPMの開発(SP-STMの開発で探針の作成とスピン分解特性の評価,およびFEMの開発で酸化物などの絶縁体表面や化学・生物分野への応用展開),
2)新物質の探索(ミクロな表面磁性で遷移金属と超薄膜の磁気的特性研究),
3)スピンエレクトロニクス研究(ナノ構造スピン素子の機構)。
Research field
  • Surface structure of solids in general
  • Manufacturing technology of solid‐state devices
  • Microscopy determination of structures
  • Electron and ion microscopes
  • Oxide thin films
Published papers related (In Japanese)(1)H. Kodama, T. Uzumaki, M. Oshiki, K. Sueoka and K. Mukasa: Spin-polarized tunneling by spin-polarized scanning tunneling microscopy, Journal of Applied Physics, 83(11, Part 2):6831-6833(1998)
(2)末岡和久,細山直樹,アグス・スバギョ,武笠幸一,早川和延:STMによる光照射GaAs薄膜劈開探針の研究,表面科学,19:522-526(1998)
(3)武隈育子,安井雅彦,奥村善信,秋田憲,末岡和久,長谷山美紀,武笠幸一:確率信号としての磁気力顕微鏡像の解析手法,応用磁気学会誌,22:1251-1256(1998)
(4)K. Nakamura, T. Oguchi, H. Hasegawa, K. Sueoka, K. Hayakawa and K. Mukasa, : Theoretical study of the exchange force between magnetic Fe films; feasibility of exchange force microscopy, Jpn. J. Appl. Phys., 37:6575-6579(1998)
(5)M. Sawamura, T. Maruyama and K. Mukasa: Theoretical Study on Spin Polarization of III-V Compound Tips, Journal of Magnetics Society of Japan, Vol. 23, No. 1-2:721-723(1999)
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Quantum Effects and Related Physical Phenomena
Information research report
  • (In Japanese)武笠 幸一. 量子効果等の物理現象 スピン計測 スピンSPMの開発とスピン制御. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.246 - 249.

PAGE TOP