Top > Search Research paper > (In Japanese)内分泌かく乱物質 核内受容体・共役因子複合体と内分泌かく乱物質

(In Japanese)内分泌かく乱物質 核内受容体・共役因子複合体と内分泌かく乱物質

Research report code R990004366
Posted date Feb 6, 2001
Researchers
  • (In Japanese)名和田 新
Affiliation
  • (In Japanese)九州大学大学院医学研究院
Research organization
  • (In Japanese)九州大学大学院医学研究院
Report name (In Japanese)内分泌かく乱物質 核内受容体・共役因子複合体と内分泌かく乱物質
Technology summary (In Japanese)エストロゲン受容体と結合してエストロゲン作用を発揮する一部の物質を除いて、これまでに内分泌撹乱物質(EDC)として報告されている多くの化学物質の生化学的な作用機序は不明である。性ステロイドホルモン受容体およびオーファン受容体と転写共役因子群より構成される複合体に注目して研究し、EDCがこの複合体形成さらには基本的転写因子群とのコミュニケーションにおよぼす障害についての解明を目指した。EDCのスクリーニング作業は従来動物実験により行われたが、新しい方法としてレーザ顕微鏡と三次元画像解析装置を組合せ、蛍光蛋白質で標識したステロイドホルモン受容体と転写共役因子の結合を可視化することを試みた。強力な抗アンドロゲン作用を有する抗癌剤が、受容体、転写共役因子の核内における三次元分布に著変をもたらすことが分かった。更に、雄性器発達抑制作用を有するメラトニンの効果発現が動物の栄養状態に依存することを示した。
Research field
  • Sex hormones
  • Pollutants
  • Toxicity of organic compounds
  • Basic gynecology and obstetrics
  • Physiology and anatomy of endocrine system
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Endocrine Disrupters
Information research report
  • (In Japanese)名和田 新. 内分泌かく乱物質 核内受容体・共役因子複合体と内分泌かく乱物質. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.921 - 924.

PAGE TOP