Top > Search Research paper > (In Japanese)資源循環・エネルギーミニマム型システム技術 エネルギーの効率的変換をめざした界面イオン移動の解明

(In Japanese)資源循環・エネルギーミニマム型システム技術 エネルギーの効率的変換をめざした界面イオン移動の解明

Research report code R990004369
Posted date Feb 6, 2001
Researchers
  • (In Japanese)小久見 善八
Affiliation
  • (In Japanese)京都大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)京都大学大学院工学研究科
Report name (In Japanese)資源循環・エネルギーミニマム型システム技術 エネルギーの効率的変換をめざした界面イオン移動の解明
Technology summary (In Japanese)本研究ではこれまで見過ごされてきたイオンの固体界面移動を解明し,電気化学的エネルギー変換の飛躍的高効率化を図り,エネルギー消費のミニマム化に資することを目的とした。研究内容は,
1)固体界面,
2)液体界面,
3)酸化物界面グループ,
4)界面構造,に関する研究に分けられる。
1)では,・銀イオン導電体接合界面の銀イオン移動,・リチウム二次電池反応における界面イオン移動,・酸素ポテンシャルとイオン移動,・酸化物/ポリマー複合体界面のイオンリチウム移動,・界面に沿うイオンの移動、
2)では、キサンテン系色素イオンの油水界面移動の交流インピーダンス法による解析,
3)では,・酸化物結晶界面の形成とその評価,・酸化物ガラス界面の形成とその評価,
4)ではプロトン導電性を持つSrCeO3-SrZrO3,SrCeO3-SrZrO3-SrTiO3超格子をレーザーアブレーション法で作成する技術の開発などを含む。
Research field
  • Surface chemistry in general
  • Energy conversion in general
  • Secondary batteries
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Research and Development of System Technologies for Resource Recycling and Minimum Energy Requirement
Information research report
  • (In Japanese)小久見 善八. 資源循環・エネルギーミニマム型システム技術 エネルギーの効率的変換をめざした界面イオン移動の解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.933 - 935.

PAGE TOP