Top > Search Research paper > (In Japanese)BIA-リアルタイム相互作用解析:生物分子相互作用解析と質量分析法の組合せ

(In Japanese)BIA-リアルタイム相互作用解析:生物分子相互作用解析と質量分析法の組合せ

Research report code R000000002
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)夏目 徹
Affiliation
  • (In Japanese)独立行政法人産業技術総合研究所生物情報解析研究センター蛋白質発現チーム
Research organization
  • (In Japanese)科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
Report name (In Japanese)BIA-リアルタイム相互作用解析:生物分子相互作用解析と質量分析法の組合せ
Technology summary (In Japanese)表面プラズモン共鳴(SPR)を利用した生物分子相互作用解析(BIA)は生物分子の機能を理解する上で重要な技法であり,それにより錯体形成の速度論的パラメータや平衡定数などの定量的情報を得ることができる。この技法に関するそれ以外の利用法は,治療法への適用可能性としての新しいプロテイン-プロテイン相互作用の発見や小分子のスクリーニングである。このプロセスを発展・加速させるため,センサーチップ表面に結合したプロテインの配列を決定する技法としてBIAとMS/MSを組み合わた新しいシステムを開発した。実験において,全細胞溶解物中に存在するエピトープに付着した組み換えタン白質及び1,4,5-イノシトール3リン酸(IP3)結合プロテインをセンサーチップ上に分離し,MS/MS解析によりその配列を決定した。
Research field
  • Biochemical analytical methods
  • Proteins and peptides in general
  • Molecular structure
Published papers related (In Japanese)(1)Natsume,T.;Nakayama,H.et.al.Anal Chem 2000,in press
(2)Natsume,T.;Nakayama,T.Isobe. A TREND Guide to Proteomics 2001,19,S28-S29
Research project
  • Exploratory Research for Advanced Technology;MIKOSHIBA Calciosignal Net
Information research report
  • (In Japanese)夏目 徹. Real-Time Analysis of Biomolecular Interactions: Integration of Biomolecular Interaction Analysis and Mass Spectrometric. 創造科学技術推進事業 御子柴細胞制御プロジェクトシンポジウム 『カルシウムを介する細胞内シグナル伝達のメカニズム』-受精から神経の発達と記憶まで- 講演要旨集(研究期間:1995-2000),2000. p.9 - 13.

PAGE TOP