Top > Search Research paper > (In Japanese)脳型情報処理システムのための視覚情報処理プロセッサの開発

(In Japanese)脳型情報処理システムのための視覚情報処理プロセッサの開発

Research report code R000000109
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)小柳 光正
Affiliation
  • (In Japanese)東北大学大学院工学研究科
Research organization
  • (In Japanese)東北大学大学院工学研究科
Report name (In Japanese)脳型情報処理システムのための視覚情報処理プロセッサの開発
Technology summary (In Japanese)「脳型情報処理システムのための視覚情報処理プロセッサの開発」研究の概要を述べた。脳における情報処理の主要な部分を占める視覚情報処理を工学的に再現するための視覚情報処理プロセッサを実現するために,全体のシステムを網膜部分,低次視覚野部分,高次視覚野部分に分けてシステムを構築する。網膜部分に対しては3次元集積回路技術と低電力集積回路技術を新たに開発して積層型人工網膜チップを製作している。低次視覚野部分に対しては3次元集積回路技術と光配線技術を用いたマルチチップモジュールを開発中である。高次視覚野部分に対してはソフトウェアモデル記述し,専用並列計算機を開発している。システムを構築するための基礎となるモデルやアルゴリズムについて研究を進めている。
Research field
  • Brain and nervous system models
  • Visual sense models
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creating the Brain
Information research report
  • (In Japanese)小柳 光正. 脳型情報処理システムのための視覚情報処理プロセッサの開発. 戦略的基礎研究推進事業「脳を創る」第1回公開シンポジウム予稿集,2000. p.3 - 3.

PAGE TOP