Top > Search Research paper > (In Japanese)MEGによる人間の高次脳機能の研究

(In Japanese)MEGによる人間の高次脳機能の研究

Research report code R000000111
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)武田 常広
Affiliation
  • (In Japanese)東京大学大学院新領域創成科学研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京大学大学院新領域創成科学研究科
Report name (In Japanese)MEGによる人間の高次脳機能の研究
Technology summary (In Japanese)MEGを用い,視覚では立体視,運動残効,色反応の実験,聴覚では音像定位,ハビチュエーションに関する実験,運動では視覚または聴覚始動性運動における注意の影響や逆転メガネによる大脳の可塑性に関する実験を行った。逆問題推定法開発において安定して脳活動の分布を推定する手法を開発し,従来のダイポール法より優れていることを示した。また、ウェーブレット変換,ICA法を用いた推定法の開発を行った。MEG装置を常時超伝導状態に保つために,自動的に液体ヘリウムを充填する装置を製作した。
Research field
  • Brain and nervous system models
  • Visual sense models
  • Auditory sense and voice models
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Creating the Brain
Information research report
  • (In Japanese)武田 常広. MEGによる人間の高次脳機能の研究. 戦略的基礎研究推進事業「脳を創る」第1回公開シンポジウム予稿集,2000. p.5 - 5.

PAGE TOP