Top > Search Research paper > (In Japanese)仲介因子を介した遺伝子発現制御の解明

(In Japanese)仲介因子を介した遺伝子発現制御の解明

Research report code R000000148
Posted date Sep 30, 2002
Researchers
  • (In Japanese)石井 俊輔
Affiliation
  • (In Japanese)理化学研究所
Research organization
  • (In Japanese)理化学研究所
Report name (In Japanese)仲介因子を介した遺伝子発現制御の解明
Technology summary (In Japanese)発がん遺伝子として同定されていたskiおよびその関連遺伝子snoの産物がコリンプレッサーとして機能することを前年度明らかにした。これに続いて,変異マウスを作製・解析した結果,ヘテロ変異マウスではがんが発症しやすいことが示され,ski/sno遺伝子はがん抑制遺伝子としても機能することを明らかにした。また,ストレス応答キナーゼの代表的な標的である転写因子ATF-2(CRE-BP1)は初めてcDNAクローニングによって同定したものであるが,ATF-2のnull変異マウスを作製・解析し,ATF-2変異マウスが胎便吸引症候群のモデルマウスとなることを示した。そしてmybがん遺伝子ファミリーのメンバーの1つであるB-myb遺伝子の生理機能を明らかにするため,変異マウスの作製・解析を行った結果,B-mybは発生初期段階に必須であることが示された。
Research field
  • Gene expression
  • Function of cell components
  • Carcinogenic mechanisms and factors
Published papers related (In Japanese)(1)Maekawa, T., Bernier, F., Sato, M., Nomura, S., Singh, M., Inoue, Y., Tokunaga, T., Imai, H., Yokoyama, M., Reimold, A., Glimcher, L. H. & Ishii, S. (1999). Mouse ATF-2 null mutants display features of severe type of meconium aspiration syndrome. J. Biol. Chem. 274, 17813-17819.
(2)Tanaka, Y., Patestos, N.P., Maekawa, T. & Ishii, S. (1999). B-myb is required for inner cell mass formation at an early stage of development. J. Biol. Chem. 274, 28067-28070.
(3)Morii, H., Uedaira, H., Ogata, K., Ishii, S. & Sarai, A. (1999). Shape and energetics of a cavity in c-Myb probed by natural and non-natural amino-acid mutations. J. Mol. Biol. 292, 909-920.
(4)Kittaka, A., Kuze, T., Amano, M., Tanaka, H., Miyasaka, T., Hirose, K., Yoshida, T., Sarai, A., Yasukawa, T. & Ishii, S. (1999). Introduction of 6-formylcytidine into a Myb binding sequence. Nucleosides Nucleotides 18, 2769-2783.
(5)Takahashi, T., Suwabe, N., Dai, P., Yamamoto, M., Ishii, S. & Nakano, T. (2000). Inhibitory interaction of c-Myb and GATA-1 via transcriptional co-activator CBP. Oncogene 19, 134-140.
Research project
  • Core Research for Evolutional Science and Technology;Host Defense Mechanism
Information research report
  • (In Japanese)石井 俊輔. 生体防御のメカニズム 仲介因子を介した遺伝子発現制御の解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成11年度 研究年報.科学技術振興事業団, 2000. p.217 - 219.

PAGE TOP